HOME > EDとは? > EDと治療薬

EDと治療薬


ED対策に使われる治療薬には、バイアグラ、レビトラなど、医師の処方が必要なものから、ストルピンなどの薬局で購入できるものまで様々な種類のものがあります。

また、副作用などが現れるものもありますので、ご自身の症状や、悩みに合わせて適切な治療薬を選択し、使用しなければなりません。

ここでは、そんなED治療薬の主な種類とその効果をご紹介いたします。

バイアグラとレビトラ

一般的なEDの治療薬としてバイアグラもレビトラがあります。これらは、ホスホジエステラーゼ(PDE−5)という酵素の働きを抑えて、陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させます。これにより海綿体への血液の流入量を増加させ、勃起を起こりやすくする効果をもっています。効果は内服後30分〜1時間くらいで出現し、その後3〜4時間持続します。

同様の効果を持つバイアグラとレビトラですが、主な違いとしては、バイアグラは食事の影響を受けると最大血中濃度に達するのに3時間かかりますが、レビトラは食事の影響をうけません。

これらは医療用医薬品のため、医療機関での診察を受けなければ使用することはできません。また、医薬品によっては同時に服用すると、大変危険なものもあります。現在服用中のお薬がある場合は診察のさいに必ず、医師または薬剤師にご相談ください。

一時的なものですが、バイアグラ、レビトラともに次のような副作用があります。

顔のほてり、鼻づまり、胸のつかえ、頭痛、動悸、視覚変化(物が青く見えたり、まぶしくなる)など。

他の病気や薬との併用は重篤な状態になる恐れがあります。下記に該当するお薬を服用中の方は、診察の際、必ず医師にご相談ください。

硝酸剤、抗不整脈薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬、α遮断薬

バイアグラなどを個人輸入代行による方法で入手される方が増えているようですが、コピー商品や、粗悪なものもあるようです。またバイアグラによる死亡例も報告されていますので医師の処方箋なしでの服用は大変危険です。


塩酸ヨヒンビン製剤

塩酸ヨヒンビンは血管を膨張させて勃起をさせるという点に関してはバイアグラ、レビトラと同様の効果がありますが、 局所に作用するバイアグラ、レビトラとは異なり、ストルピンに代表される塩酸ヨヒンビン製剤の作用は興奮作用と全身の血流の増加にあります。

バイアグラなどに比べると効果が弱いという方もいらっしゃるようですが、塩酸ヨヒンビン製剤の方が比較的安全と言えましょう。(もちろん副作用はあります。)

入手方法は、薬局店頭で薬剤師から渡された譲渡書に署名・捺印すれば購入可能ですので、医師の診断が必要なバイアグラ、レビトラに比べ、購入までの敷居が低いことも魅力の一つです。

ストルピンなどの塩酸ヨヒンビン製剤は、20世紀初頭からその安全性が確認されており、医師の診断を受けなくても厚生労働省の認可を受けている販売可能な薬局でご購入が可能。
※用法容量はきちんと守らないと保障の限りではありません。

塩酸ヨヒンビン製剤の商品はこちら

ED診断チェックリスト

EDと強精の違い



宝仙堂の凄十
宝仙道の健康通販


ページの上部へ